福岡県の温泉 泉質一覧

 

片の瀬温泉 (かたのせおんせん)

温泉地名片の瀬温泉 (かたのせおんせん)
所在地久留米 (福岡県久留米市田主丸町菅原2251-2)
泉質弱アルカリ性低張性泉、ナトリウム塩化物泉、炭酸水素塩泉
片の瀬温泉の特徴背には耳納連山、眼前は筑後川。片の瀬温泉は久留米市の中でも豊かな自然の残る田主丸町にあり、歴史を感じる町並みと広がる果樹園、古くは鮎の産卵場であったことにより親しまれた川魚料理、かっぱ伝説など、懐かしさを感じる温泉。主な泉質はナトリウムー炭酸水素泉、塩化物泉。主な効能は筋肉痛・関節痛・打撲・冷え性。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→片の瀬温泉の情報

 

若松ひびき温泉 (わかまつひびきおんせん)

温泉地名若松ひびき温泉 (わかまつひびきおんせん)
所在地北九州市(小倉・八幡・門司) (福岡県北九州市若松区大字有毛字ナ2829番)
泉質
若松ひびき温泉の特徴北九州市で最初に湧出したという「若松ひびき温泉」は湯量豊富で塩分が濃く、じんわりと身体が温まります。玄海国定公園の北端に位置する岩屋海岸の岬から清々しいばかりの大海原、空と海面を真っ赤に染める夕陽、満天の星空、旅情を誘う漁火など、リゾートの旅を演出する眺望が目の前に広がります。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→若松ひびき温泉の情報

 

秋月温泉 (あきづきおんせん)

温泉地名秋月温泉 (あきづきおんせん)
所在地原鶴・筑後川 (福岡県朝倉市秋月1058)
泉質アルカリ単純泉
秋月温泉の特徴福岡県朝倉市秋月にある一軒宿「清流庵」に湧き出る温泉。Ph9.7のアルカリ性単純泉で、美肌の湯と呼ばれるしっとりヌルヌルした泉質です。無色透明、無臭。掛け流し(加温)の温泉は、大浴場のほか、全客室にある露天風呂で堪能できます。春は桜、秋は紅葉を眺めながら入る温泉は贅沢気分を独り占めできます。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→秋月温泉の情報

 

筑後川温泉 (ちくごがわおんせん)

温泉地名筑後川温泉 (ちくごがわおんせん)
所在地原鶴・筑後川 (福岡県浮羽郡浮羽町古川)
泉質放射能泉
筑後川温泉の特徴筑後川を眼下に見下ろす露天風呂などがあり、静かな環境で、やすらぎの時間をゆっくりすごせる。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→筑後川温泉の情報

 

原鶴温泉 (はらづるおんせん)

温泉地名原鶴温泉 (はらづるおんせん)
所在地原鶴・筑後川 (福岡県朝倉郡杷木町原鶴)
泉質単純温泉
原鶴温泉の特徴福岡市内より約一時間、福岡県下随一のお湯の湧出量を誇り23軒の旅館が立ち並ぶ温泉街。春は菜の花、夏はう飼い、秋はフルーツと季節の楽しみもいっぱい。また女将さん達が丹精こめて育てたハーブの香りが旅館あちこちで香る。チケット制で各旅館で入浴できる「湯めぐり帳」(7枚、1500円)があり、温泉めぐりも人気。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→原鶴温泉の情報

 

二日市温泉 (ふつかいちおんせん)

温泉地名二日市温泉 (ふつかいちおんせん)
所在地太宰府・二日市 (福岡県筑紫野市武蔵)
泉質単純温泉
二日市温泉の特徴開湯1300年とも言われる、歴史ある温泉。江戸時代には、藩主である黒田氏の御前湯としても使われたという。放射能泉のお湯は、九州でも指折りの名湯と呼び声が高い。温泉街には、日本を代表する貴賓も宿泊した老舗旅館や、温泉ツウを集める日帰り専用施設など、数軒が軒を連ねる。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→二日市温泉の情報

 

玄海さつき温泉 (げんかいさつきおんせん)

温泉地名玄海さつき温泉 (げんかいさつきおんせん)
所在地宗像・玄海 (福岡県宗像市田野1303)
泉質アルカリ単純泉
玄海さつき温泉の特徴玄海さつき温泉は「玄海ロイヤルホテル」一軒のみが源泉を敷地内に所有している。ホテルには広い大浴場や松原を吹き抜ける露天風呂があり、効能豊かな湯が満喫できる。泉質は「弱アルカリ性単純泉」で、神経痛・筋肉痛・関節痛・冷え性などに効くと言われている。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→玄海さつき温泉の情報


福岡県の温泉 泉質一覧

 

天然温泉 月の雫 (てんねんおんせん つきのしずく)

温泉地名福岡県その他の温泉 (ふくおかけんそのたのおんせん)
所在地柳川・八女・筑後 (福岡県大牟田市大字甘木甘木山1203-116)
泉質アルカリ単純泉
福岡県その他の温泉の特徴福岡県南部にある大牟田市。古くは炭鉱町として栄え、今も多くの産業遺産が残る。この大牟田市の甘木山山頂にある大牟田ハイツに湧出している温泉。大牟田の街並みと有明海を望む絶景に、源泉100%かけ流しの湯を堪能できる。泉質は、お肌に優しいアルカリ性単純泉。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→福岡県その他の温泉の情報

 

船小屋温泉 (ふなごやおんせん)

温泉地名船小屋温泉 (ふなごやおんせん)
所在地柳川・八女・筑後 (福岡県筑後市船小屋温泉)
泉質含鉄泉
船小屋温泉の特徴有明海に注ぐ矢部川沿いの田園情緒あふれる川畔のいで湯。8軒の温泉旅館があり、いずれも矢部川のせせらぎと周辺の自然を満喫できる。特に初夏の夕暮れ、源氏ボタルが飛び交う様は幻想的。また川魚料理など矢部川がもたらす美味しい食材も魅力。泉質は含鉄炭酸泉で、その含有量は日本一ともいわれており飲用も可能。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→船小屋温泉の情報

 

柳川温泉 輝泉の湯 (やながわおんせん きせんのゆ)

温泉地名柳川温泉 (やながわおんせん)
所在地柳川・八女・筑後 (福岡県柳川市三橋町柳河874)
泉質ナトリウム塩化物泉、炭酸水素塩泉
柳川温泉の特徴柳川には、温泉が湧出しています。昭和40年に発掘された摂氏50度前後の温泉です。泉質は、ナトリウムー炭酸水素塩・塩化物泉で神経痛、筋肉痛、関節痛、冷え性、疲労回復などに効果があるといわれています。現在、柳川温泉「南風」やかんぽの宿柳川があります。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→柳川温泉の情報

 

柳川温泉 (やながわおんせん)

温泉地名柳川温泉 (やながわおんせん)
所在地柳川・八女・筑後 (福岡県柳川市弥四郎町)
泉質塩化物泉
柳川温泉の特徴

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→柳川温泉の情報

 

休暇村 志賀島温泉 (きゅうかむら しかのしまおんせん)

温泉地名休暇村 志賀島温泉 (きゅうかむら しかのしまおんせん)
所在地福岡市(博多駅周辺・香椎・海の中道) (福岡県福岡市東区大字勝馬1819)
泉質ナトリウム塩化物泉、その他
休暇村 志賀島温泉の特徴博多湾に浮かぶ志賀島(陸つづきの島)にある「休暇村志賀島」内に湧く温泉。本館に隣接する天然温泉「金印の湯」で、源泉100%掛け流しの湯が楽しめる。露天風呂から眺める玄界灘の美しさは絶景。内湯・展望露天風呂は男女各1つ、ジャグジーは男女各2つ。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→休暇村 志賀島温泉の情報

 

天名水温泉 (てんめいすいおんせん)

温泉地名椎原温泉 (しいばおんせん)
所在地福岡市(天神周辺・百道浜) (福岡県福岡市早良区椎原)
泉質弱アルカリ性低張性泉、鉱泉
椎原温泉の特徴福岡市内から約40分。都会の喧噪を忘れさせてくれる静かな山間の自然溢れる福岡の奥座敷。旅館は数件しかないが、立ち寄りに入浴も充実しており、人気の三瀬ドライブルート内にも含まれる人気スポット。泉質は冷鉱泉で保温性に優れており、老若男女に指示されている温泉地だ。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→椎原温泉の情報

 

博多温泉 (はかたおんせん)

温泉地名博多温泉 (はかたおんせん)
所在地福岡市(天神周辺・百道浜) (福岡県福岡市南区横手)
泉質塩化物泉
博多温泉の特徴天神、中洲、博多より6キロと市内中心に位置する博多温泉。那珂川河畔に十数本の源泉を有し、大変珍しい都市型高温多量泉として完全掛け流しを実現している。泉質はさらりとした塩化物泉で美肌効果があり、飲むと胃腸にも良い。ビジネス、旅行、長期滞在、泊宴会、スポーツ合宿、九州めぐりの出発地としてのご利用も多い。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→博多温泉の情報

 

脇田温泉 (わきたおんせん)

温泉地名脇田温泉 (わきたおんせん)
所在地若宮・遠賀・直方 (福岡県鞍手郡若宮町脇田)
泉質アルカリ単純泉
脇田温泉の特徴福岡市内から車で60分。遠賀川の支流・犬鳴川沿いに広がり、犬鳴峠のふもとの静かな山あいにある温泉地。お湯は無色透明でぬめり気があり、湯上りは肌がしっとりするので“美肌の湯”と言われている。春は桜、夏は蛍が舞い、秋は紅葉、冬は雪景色と四季の変化を感じることができる。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→脇田温泉の情報

広告

このエントリーをはてなブックマークに追加

8



トップへ戻る