東北の硫黄泉 温泉一覧(太平洋側)

東北の硫黄泉 温泉一覧(太平洋側)

東北の硫黄泉 温泉一覧

 

猪苗代温泉 (いなわしろおんせん)

温泉地名猪苗代温泉 (いなわしろおんせん)
所在地猪苗代・表磐梯 (福島県耶麻郡猪苗代町川桁天王坂)
泉質硫黄泉
猪苗代温泉の特徴ホテルリステル猪苗代の温泉。プールや打たせ湯・ジャクジーなどの大きなスパ施設で楽しめる。猪苗代インターから車5分で着ける近さも魅力的だ。敷地内のハーブ園では様々なハーブの苗が売っていたり、ハーブにちなんだ商品がたくさんありお買い物もたのしい。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→猪苗代温泉の情報

 

裏磐梯 大府平温泉 (うらばんだい おおぶだいらおんせん)

温泉地名裏磐梯 大府平温泉 (うらばんだい おおぶだいらおんせん)
所在地裏磐梯・五色沼・磐梯高原 (福島県耶麻郡北塩原村大字檜原字大府平1073-153)
泉質硫黄泉
裏磐梯 大府平温泉の特徴五色沼の南側にある「大府平温泉」  ホテリ・アアルトの敷地内545mから湧き出る源泉100%かけ流しで楽しんで頂けます。露天風呂では、五色沼湖沼郡の美しい沼を眺めながらゆったりとおくつろぎください。日ごろの疲れが溜まった体をゆっくりほぐし、温泉効果をお楽しみください。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→裏磐梯 大府平温泉の情報

 

いわき湯本温泉 (いわきゆもとおんせん)

温泉地名小名浜・いわき湯本温泉 (おなはま・いわきゆもとおんせん)
所在地いわき・湯本 (福島県いわき市常磐湯本町)
泉質硫黄泉
小名浜・いわき湯本温泉の特徴常磐道や磐越道のでアクセスも良く、小名浜スプリングスは海辺の温泉。いわき湯本温泉は、道後温泉・有馬温泉と並んで日本三大古泉と呼ばれる名湯。毎分5トンもの湯量を誇る。また海に近いので気候は温暖で、料理は新鮮な海の幸を楽しむことができる。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→小名浜・いわき湯本温泉の情報

 

信夫温泉 (しのぶおんせん)

温泉地名高湯温泉 (たかゆおんせん)
所在地福島・飯坂・土湯・高湯 (福島県福島市桜本本通沢)
泉質硫黄泉
高湯温泉の特徴◇特色:泉質は酸性・含硫黄(硫黄泉) <温度>42℃〜51℃ 《 効 用 》にきび、しもやけ、やけど、きりきず、婦人病、不妊症、水虫、あせも、胃腸病、アトピー性皮膚炎等。高湯では、自然湧出の源泉が10ヶ所ほどあり、各旅館では落差により引き湯し、そのまま湯船より溢れさせている、掛け流し方式。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→高湯温泉の情報

 

高湯温泉 (たかゆおんせん)

温泉地名高湯温泉 (たかゆおんせん)
所在地福島・飯坂・土湯・高湯 (福島県福島市町庭坂)
泉質硫黄泉
高湯温泉の特徴

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→高湯温泉の情報

 

土湯温泉 (つちゆおんせん)

温泉地名土湯温泉 (つちゆおんせん)
所在地福島・飯坂・土湯・高湯 (福島県福島市土湯温泉町字上の町)
泉質硫黄泉
土湯温泉の特徴吾妻山の山懐にほっこり佇む土湯温泉郷。温泉街を縫うように荒川が流れている。渓流沿いに宿が点在しているのでホッとする寛ぎが味わえる。近くには磐梯スカイラインがあって四季を問わず観光拠点となって賑わう。春から夏は花々が咲き乱れ、トレッキングもいい。近くには箕輪スキー場もあり、冬も楽しめる。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→土湯温泉の情報

 

磐梯熱海温泉 (ばんだいあたみおんせん)

温泉地名磐梯熱海温泉 (ばんだいあたみおんせん)
所在地郡山・磐梯熱海・須賀川 (福島県郡山市熱海町)
泉質硫黄泉
磐梯熱海温泉の特徴南北朝時代、京の公家の娘・萩姫が不治の病を治したという事で伝説がある温泉。福島県の中心に位置し、アクセスも便利なことから人気が高く、五百川の流れに沿って旅館が建ち並ぶ。泉質はアルカリ性単純泉と単純硫化水素泉の2種であつ湯とぬる湯と呼ばれている。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→磐梯熱海温泉の情報


東北の硫黄泉 温泉一覧

 

小原温泉 (おばらおんせん)

温泉地名小原温泉 (おばらおんせん)
所在地白石・蔵王・遠刈田 (宮城県白石市小原湯元)
泉質硫黄泉
小原温泉の特徴開湯800年。古くから「目に効く」「神経に効く」と言われる名湯で、湯治客が絶えない。山懐に抱かれた渓流美の温泉郷は秘湯情緒たっぷり。近くには散策路や吊橋があり、四季を通じて風景画のような景色が楽しめる。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→小原温泉の情報

 

川渡温泉 (鳴子) (かわたびおんせん)

温泉地名鳴子温泉郷 (なるこおんせんきょう)
所在地鳴子・大崎 (宮城県玉造郡鳴子町大字川端)
泉質硫黄泉
鳴子温泉郷の特徴日本国内にある11種の泉質のうち9種がここにあり、源泉数は370本以上ある。鳴子、東鳴子、川渡、中山平、鬼首の5つで構成されている温泉郷で全てのエリアを網羅した湯巡りチケットもある。昔から東北の湯治場としても有名で温泉の効能や泉質の良さには定評有り。春は新緑、秋は紅葉、冬はスキーも楽しめる。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→鳴子温泉郷の情報

 

鳴子温泉 (鳴子) (なるこおんせん)

温泉地名鳴子温泉郷 (なるこおんせんきょう)
所在地鳴子・大崎 (宮城県玉造郡鳴子町字湯元)
泉質硫黄泉
鳴子温泉郷の特徴

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→鳴子温泉郷の情報

 

中山平温泉 (鳴子) (なかやまだいらおんせん)

温泉地名鳴子温泉郷 (なるこおんせんきょう)
所在地鳴子・大崎 (宮城県玉造郡鳴子町字星沼)
泉質硫黄泉
鳴子温泉郷の特徴

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→鳴子温泉郷の情報

 

夏油温泉 (げとうおんせん)

温泉地名夏油高原温泉郷 (げとうこうげんおんせんきょう)
所在地花巻・北上・湯田 (岩手県北上市和賀町岩崎新田)
泉質硫黄泉
夏油高原温泉郷の特徴夏油川沿いに、瀬美温泉、夏油温泉などの温泉が点在する温泉郷。瀬美温泉は、美肌効果があるという肌触りのやさしいお湯として知られている。また、夏油温泉は秘湯ムード満点の温泉で、全国名湯百選に選ばれている。周辺には、特別天然記念物の石灰華「天狗岩」やスキーやゴンドラ遊覧が楽しめる「夏油高原」がある。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→夏油高原温泉郷の情報

 

網張温泉 (あみはりおんせん)

温泉地名雫石の温泉 (しずくいしのおんせん)
所在地雫石・鶯宿 (岩手県岩手郡雫石町長山)
泉質硫黄泉
雫石の温泉の特徴雫石周辺は個性的な温泉地が点在しているエリア。国見温泉は珍しい緑の濁り湯、網張温泉は乳白色の濁り湯が人気を呼んでいる。鶯宿川沿いに宿が点在する鶯宿温泉は、開湯450年の歴史ある温泉街で湯巡りを楽しむこともできる。また「けんじワールド」「小岩井農場」に近いのレジャーの拠点としても便利。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→雫石の温泉の情報

 

鶯宿温泉 (おうしゅくおんせん)

温泉地名雫石の温泉 (しずくいしのおんせん)
所在地雫石・鶯宿 (岩手県岩手郡雫石町鶯宿)
泉質硫黄泉
雫石の温泉の特徴

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→雫石の温泉の情報

 

繋温泉 (つなぎおんせん)

温泉地名繋温泉 (つなぎおんせん)
所在地盛岡・つなぎ (岩手県盛岡市繋)
泉質硫黄泉
繋温泉の特徴盛岡市の西部にある人造湖「御所湖」に面する温泉街。盛岡市内からは車でおよそ20分と近く、「盛岡の奥座敷」と言われて親しまれている。県内最高峰の岩手山と奥羽山脈を仰ぐ湖畔の景色は、新緑から紅葉、雪景色や白鳥と四季折々に美しい表情を見せる。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→繋温泉の情報

 

東八幡平温泉 (八幡平) (ひがしはちまんたいおんせん)

温泉地名八幡平温泉郷 (はちまんたいおんせんきょう)
所在地安比・八幡平・二戸 (岩手県岩手郡松尾村寄木)
泉質硫黄泉
八幡平温泉郷の特徴十和田八幡平国立公園に指定される八幡平は、岩手・秋田の県境に標高1400〜1600Mの山並みが広がる。新緑〜紅葉の景色、冬はスキーと通年通して楽しめるリゾート地。岩手側麓の東八幡平エリアには、多数のホテルや旅館、ペンションなどがあり、各宿に地下から湧き出す硫黄泉(マグマの湯)が引かれている。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→八幡平温泉郷の情報

 

台温泉 (花巻) (だいおんせん)

温泉地名花巻温泉郷 (はなまきおんせんきょう)
所在地花巻・北上・湯田 (岩手県花巻市湯本)
泉質硫黄泉
花巻温泉郷の特徴台温泉と花巻南温泉郷からなる花巻温泉郷は、松や桜の並木に囲まれた旅館街は明るい雰囲気で、春には一層華やかさが増す、宮沢賢治や高村光太郎などが愛した温泉地。周辺には、宮沢賢治ゆかりの記念館や、彼が設計した日時計花壇のあるバラ園など観光も楽しめる。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→花巻温泉郷の情報

 

渡り温泉 (花巻) (わたりおんせん)

温泉地名花巻温泉郷 (はなまきおんせんきょう)
所在地花巻・北上・湯田 (岩手県花巻市湯口字宇佐野)
泉質硫黄泉
花巻温泉郷の特徴

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→花巻温泉郷の情報

 

大沢温泉(花巻) (おおさわおんせん(はなまき))

温泉地名花巻温泉郷 (はなまきおんせんきょう)
所在地花巻・北上・湯田 (岩手県花巻市湯口字大沢181)
泉質硫黄泉
花巻温泉郷の特徴

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→花巻温泉郷の情報

広告

このエントリーをはてなブックマークに追加




トップへ戻る