関西の硫酸塩泉 硫黄泉 温泉一覧

関西の硫酸塩泉 硫黄泉 温泉一覧

関西の硫酸塩泉 温泉一覧

 

丹後温泉/丹後

温泉地名たんごおんせん
所在地丹後 (京都府竹野郡丹後町間人)
泉質硫酸塩泉
温泉地の特徴丹後町間人周辺に湧く丹後温泉を始めとする間人温泉郷は無色透明のアルカリ単純泉。料理は魚種豊富な間人港に揚がる新鮮な魚介を、11月から3月末まではカニ料理が戴けるのも嬉しい。透明度の高い日本海に近いので夏は海水浴を楽しめるのも魅力。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→丹後温泉の情報

 

佐津温泉/香住

温泉地名さづおんせん
所在地香住 (兵庫県城崎郡香住町訓谷)
泉質硫酸塩泉
温泉地の特徴冬の松葉ガニで有名な香住に湧く温泉。香住温泉をはじめ余部温泉、柴山温泉、佐津温泉、矢田川温泉などが点在している。香住付近の海岸には美しい眺めの場所がとても多く、夏は海水浴で賑わう。日本一の高さを誇る余部鉄橋も有名である。また香住の豊富な海の幸料理や温泉が一年を通して満喫できる民宿も多い。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→佐津温泉の情報

 

七釜温泉/浜坂

温泉地名しちかまおんせん
所在地浜坂 (兵庫県美方郡新温泉町七釜524)
泉質硫酸塩泉
温泉地の特徴兵庫県西北部の浜坂町に湧く温泉で、浜坂・七釜・二日市の三温泉の相称。浜坂は冬の山陰の代表的な味覚・松葉がにの日本有数の漁獲量をほこる港町でうまいカニ料理に舌鼓の打てる宿、料理店が並んでいる。温泉の泉質はナトリウム・カルシウムー塩化物泉で創傷などに効果がある。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→七釜温泉の情報

 

浜坂温泉郷/浜坂

温泉地名はまさかおんせんきょう
所在地浜坂 (兵庫県美方郡浜坂町)
泉質硫酸塩泉
温泉地の特徴兵庫県西北部の浜坂町に湧く温泉で、浜坂・七釜・二日市の三温泉の相称。浜坂は冬の山陰の代表的な味覚・松葉がにの日本有数の漁獲量をほこる港町でうまいカニ料理に舌鼓の打てる宿、料理店が並んでいる。温泉の泉質はナトリウム・カルシウムー塩化物泉で創傷などに効果がある。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→浜坂温泉郷の情報

 


関西の硫黄泉 温泉一覧

美女湯温泉/那智勝浦・太地

温泉地名みめゆおんせん
所在地那智勝浦・太地 (和歌山県東牟婁郡古座川町長追257)
泉質硫黄泉
温泉地の特徴昭和54年に建設された温泉。この温泉に入ると肌がツルツルして美女にうまれかわるという意味で「美女湯温泉」と名づけられました。泉質は、トロンとしていて、少し硫化水素臭のする無色透明の湯。温泉名のとおり、美肌効果はもちろん、リウマチ、神経痛、運動器障害、疲労回復などに効能があるといわれています。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→美女湯温泉の情報

 

湯の峰温泉/本宮

温泉地名ゆのみねおんせん
所在地本宮 (和歌山県東牟婁郡本宮町湯の峰)
泉質硫黄泉
温泉地の特徴今からおよそ1800年前に発見された日本最古の温泉と言われている。熊野詣の人々が湯垢離場にした歴史ある温泉。周りには歴史の重みを感じさせる旅館や民宿が並び、そばを流れる川の流れからは湯気が立ち上る。肌が滑らかになる成分が含まれる他リウマチ性疾患、皮膚病、神経痛に良い。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→湯の峰温泉の情報

 

勝浦温泉/那智勝浦・太地

温泉地名かつうらおんせん
所在地那智勝浦・太地 (和歌山県東牟婁郡那智勝浦町勝浦)
泉質硫黄泉
温泉地の特徴「紀州・湯のくに」といわれるほどの和歌山県の中でも那智勝浦町には県下一を誇る175本もの多種多様な源泉がある。南紀勝浦温泉、湯川温泉からなり、旅館、公衆浴場等の立ち寄り温泉が充実している。夏場は海水浴ができ、食はまぐろ水揚げ日本一ならでは!の勝浦のマグロ他海の幸が楽しめる。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→勝浦温泉の情報

 

湯川温泉/那智勝浦・太地

温泉地名ゆかわおんせん
所在地那智勝浦・太地 (和歌山県東牟婁郡那智勝浦町湯川)
泉質硫黄泉
温泉地の特徴「紀州・湯のくに」といわれるほどの和歌山県の中でも那智勝浦町には県下一を誇る175本もの多種多様な源泉がある。南紀勝浦温泉、湯川温泉からなり、旅館、公衆浴場等の立ち寄り温泉が充実している。夏場は海水浴ができ、食はまぐろ水揚げ日本一ならでは!の勝浦のマグロ他海の幸が楽しめる。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→湯川温泉の情報

 

すさみ温泉/串本・すさみ

温泉地名すさみおんせん
所在地串本・すさみ (和歌山県西牟婁郡すさみ町周参見)
泉質硫黄泉
温泉地の特徴野口雨情が絶賛して、長く滞在したことで知られている「すさみ温泉」は、気候が温暖でおだやかな和歌山県すさみ町にあり、すさみ湾に面している。無色透明の硫黄泉で、肌の新陳代謝を活発にする紅葉があり、みずみずしいお肌を作る美人の湯として女性に人気が高い。すさみ名物のイノブタ料理も是非、味わってみたい。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→すさみ温泉の情報

 

串本温泉/串本・すさみ

温泉地名くしもとおんせん
所在地串本・すさみ (和歌山県西牟婁郡串本町串本)
泉質硫黄泉
温泉地の特徴太平洋の海が広がる本州最南端の地に湧く温泉。塩分を含んだお湯は身体を芯から温め、きりきず・やけど・虚弱児童・慢性婦人病・リウマチ・神経痛慢性消火器病等など効能も多い。立ち寄り公衆浴場もあり、串本海中公園、マリンスポーツ等も楽しめる。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→串本温泉の情報

 

椿温泉/白浜・南部・田辺

温泉地名つばきおんせん
所在地白浜・南部・田辺 (和歌山県西牟婁郡白浜町椿)
泉質硫黄泉
温泉地の特徴その昔、足を傷つけた一羽の白鷺が、椿の村に舞い降りた。やがて、白鷺の傷は回復したのか再び空へ・・。その跡にはほのかな湯煙が上がっていた。その地を「さぎの湯」と名づけ、利用し始めたのが、椿温泉の起源といわれている。湯はまったりふくよか、美人湯の化粧水いらずといえよう。又湯治場としても愛され続けている。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→椿温泉の情報

 

湯泉地温泉/奥吉野・十津川

温泉地名とうせんじおんせん
所在地奥吉野・十津川 (奈良県吉野郡十津川村武蔵)
泉質硫黄泉
温泉地の特徴十津川温泉郷に湧く湯泉地温泉は、十津川村のほぼ中央に位置し歴史は古く1581年佐久間信盛が訪れたといわれている。源泉より十津川に沿って旅館・民宿が点在する静かで山峡の情緒を味わえるところ。単純硫黄泉で源泉温度は約60℃。慢性婦人病などに効能有

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→湯泉地温泉の情報

 

岩滝温泉/丹後

温泉地名いわたきおんせん
所在地丹後 (京都府与謝郡岩滝町男山)
泉質硫黄泉
温泉地の特徴日本三景の天橋立を有するこの地に3年前から開湯し、泉質はナトリウム炭酸水素塩泉であり、手を浸けただけでも、その湯の柔らかさと湯上り後のしっとり感が体感できる。夏季は海水浴場も近く、冬季は松葉かに料理が有名で、プラスαで楽しめる。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→岩滝温泉の情報

 

ゆらゆら温泉郷/天橋立・宮津

温泉地名ゆらゆらおんせんきょう
所在地天橋立・宮津 (京都府宮津市由良)
泉質硫黄泉
温泉地の特徴日本三景の天橋立を有するこの地に3年前から開湯し、泉質はナトリウム炭酸水素塩泉であり、手を浸けただけでも、その湯の柔らかさと湯上り後のしっとり感が体感できる。夏季は海水浴場も近く、冬季は松葉かに料理が有名で、プラスαで楽しめる。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→ゆらゆら温泉郷の情報

 

宮津温泉/天橋立・宮津

温泉地名みやづおんせん
所在地天橋立・宮津 (京都府宮津市魚屋1001−1)
泉質硫黄泉
温泉地の特徴日本三景の天橋立を有するこの地に3年前から開湯し、泉質はナトリウム炭酸水素塩泉であり、手を浸けただけでも、その湯の柔らかさと湯上り後のしっとり感が体感できる。夏季は海水浴場も近く、冬季は松葉かに料理が有名で、プラスαで楽しめる。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→宮津温泉の情報

 

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加