泉質別温泉地一覧【関西】記事一覧

伏尾温泉/池田・箕面・能勢温泉地名ふしおおんせん所在地池田・箕面・能勢 (大阪府池田市伏尾町)泉質放射能泉温泉地の特徴昭和8年に日本で初めてと言われる鮎の養殖を手がけた現不死王閣の2代目岡本直文氏が昭和42年に掘り当てた天然ラジウム泉。五月山を正面に眺め、久安寺川のせせらぎも聞こえる。大阪市内から約30分だが気温は3度は違うと言われ、大阪の奥座敷のような雰囲気がある。紅葉で有名な久安寺も徒歩5分。...

生駒山龍間温泉/寝屋川・守口・門真・四條畷温泉地名いこまさんりゅうまおんせん所在地寝屋川・守口・門真・四條畷 (大阪府大東市大字龍間266−8)泉質単純温泉温泉地の特徴大阪府と奈良県の境にそびえる生駒山麗に立つ、リゾート空間。広大な敷地にお城のような建物と、グリーンいっぱいのゴルフ場が広がる。「大阪平野の夜景を一望する立地」はカップルを中心に人気があり、ここの湯は知る人ぞ知る「隠れ湯」スポットとし...

橘の郷 上野温泉/丹後温泉地名きのさと うえのおんせん所在地丹後 (京都府京丹後市網野町木津)泉質単純温泉温泉地の特徴昭和57年に湧出した比較的新しい温泉。泉温は39℃と比較的ぬるめの湯。低張性・弱アルカリ性の単純泉で赤ちゃんからお年寄りまで安心して浸かれる軟らかい泉質も嬉しい。無色透明で無臭、地元人からは「美人の湯」と讃えられる温泉。神経痛や筋肉痛や冷え性などにも適応しているとされる。★詳しい情...

新吉野温泉/吉野・天川・洞川温泉地名しんよしのおんせん所在地吉野・天川・洞川 (奈良県吉野郡吉野町吉野山403)泉質単純温泉温泉地の特徴吉野山の山間にある温泉で、無色透明の湯はさらっとした肌触りが特徴。源泉を持つ辰巳屋にある露天風呂からは吉野連山の景色を眺めながら温泉浴が楽しめる。史跡探訪も魅力のエリアであり、吉水神社や如意輪寺をはじめ、蔵王堂などの観光名所が数多く点在している。★詳しい情報・宿泊...

南淡温泉/南あわじ温泉地名なんだんおんせん所在地南あわじ (兵庫県三原郡南淡町福良)泉質塩化物泉温泉地の特徴アクセス良好。京阪神からフェリーやバスで気軽に訪れることができる淡路島。明石海峡大橋を渡ってのドライブにも最適。島には中心都市・洲本に湧く洲本温泉、岩屋温泉、淡路島一宮温泉、南淡温泉、うずしお温泉などの温泉がある。春は菜の花等花がいっぱい花の島、夏の海水浴や、釣り等で自然を満喫できる。★詳し...

和歌の浦温泉萬葉の湯/和歌山市・加太・和歌浦温泉地名わかのうらおんせんまんようのゆ所在地和歌山市・加太・和歌浦 (和歌山県和歌山市新和歌浦)泉質塩化物泉温泉地の特徴●特徴:和歌山市郊外の風光明媚な景勝地に湧く温泉。万葉の古人も愛した和歌の浦湾の海岸線や、湾を一望できる高台に数軒の温泉宿が建ち並び、絶景を望みながらの湯浴みを楽しめる。源泉から湧きだす無色透明の湯は肌に柔らかく、神経痛、冷え性、火傷な...

箕面温泉/池田・箕面・能勢温泉地名みのおおんせん所在地池田・箕面・能勢 (大阪府箕面市温泉町)泉質炭酸水素塩泉温泉地の特徴大阪府北西部,箕面市にある温泉。明治の森箕面国定公園にあり,年間を通じて行楽客でにぎわう。滝と紅葉で名高い箕面の地に湧きでる温泉は、まさに夢物語。関西屈指の優れた泉質は、食塩泉。泉温は 41℃。宿は箕面山の斜面に立ち,客室からは京阪神の夜景を楽しめる。★詳しい情報・宿泊情報・予...

加太淡嶋温泉/和歌山市・加太・和歌浦温泉地名かだあわしまおんせん所在地和歌山市・加太・和歌浦 (和歌山県和歌山市深山)泉質炭酸水素塩泉温泉地の特徴大阪と和歌山の県境近く、京阪神からも楽々アクセスの近場の穴場。しっとりしたお湯はお肌を柔らかくスベスベにする効果があるという。また加太からは友ヶ島や淡路島、遠くは四国まで見渡せ、特に夕暮れ時の美しさは必見。海の香りと波の音、行き交う船など漁師町ならではの...

丹後温泉/丹後温泉地名たんごおんせん所在地丹後 (京都府竹野郡丹後町間人)泉質硫酸塩泉温泉地の特徴丹後町間人周辺に湧く丹後温泉を始めとする間人温泉郷は無色透明のアルカリ単純泉。料理は魚種豊富な間人港に揚がる新鮮な魚介を、11月から3月末まではカニ料理が戴けるのも嬉しい。透明度の高い日本海に近いので夏は海水浴を楽しめるのも魅力。★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→丹後温泉の情報佐津温泉/香...

生駒山龍間温泉/寝屋川・守口・門真・四條畷温泉地名いこまさんりゅうまおんせん所在地寝屋川・守口・門真・四條畷 (大阪府大東市大字龍間266−8)泉質弱アルカリ性低張性泉温泉地の特徴大阪府と奈良県の境にそびえる生駒山麗に立つ、リゾート空間。広大な敷地にお城のような建物と、グリーンいっぱいのゴルフ場が広がる。「大阪平野の夜景を一望する立地」はカップルを中心に人気があり、ここの湯は知る人ぞ知る「隠れ湯」...

トップへ戻る