枋木県の硫黄泉 温泉一覧

 

 

那須高原温泉 (那須)/那須・板室

温泉地名なすこうげんおんせん
所在地那須・板室 (栃木県那須郡那須町那須高原)
泉質硫黄泉
温泉地の特徴江戸の時代の「温泉番付」では「東の関脇」(横綱不在なので2番目の格付け)の称号を与えられていた由緒ある温泉地です。開湯は1370年余り昔。負傷した鹿がその湯で傷を癒したとの伝説の残る銘湯・鹿の湯はじめ那須温泉には大小さまざまな温泉が点在します。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→那須高原温泉 (那須)の情報

 

高雄温泉 (那須)/那須・板室

温泉地名たかおおんせん
所在地那須・板室 (栃木県那須郡那須町湯本ツムジ平)
泉質硫黄泉
温泉地の特徴江戸の時代の「温泉番付」では「東の関脇」(横綱不在なので2番目の格付け)の称号を与えられていた由緒ある温泉地です。開湯は1370年余り昔。負傷した鹿がその湯で傷を癒したとの伝説の残る銘湯・鹿の湯はじめ那須温泉には大小さまざまな温泉が点在します。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→高雄温泉 (那須)の情報

 

那須湯本温泉 (那須)/那須・板室

温泉地名なすゆもとおんせん
所在地那須・板室 (栃木県那須郡那須町湯本)
泉質硫黄泉
温泉地の特徴江戸の時代の「温泉番付」では「東の関脇」(横綱不在なので2番目の格付け)の称号を与えられていた由緒ある温泉地です。開湯は1370年余り昔。負傷した鹿がその湯で傷を癒したとの伝説の残る銘湯・鹿の湯はじめ那須温泉には大小さまざまな温泉が点在します。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→那須湯本温泉 (那須)の情報

 

奥塩原新湯温泉 (塩原温泉)/塩原

温泉地名おくしおばらしんゆおんせん
所在地塩原 (栃木県那須郡塩原町湯本塩原)
泉質硫黄泉
温泉地の特徴温泉なら塩原!「美人湯」と言われる重曹泉(炭酸水素泉)・硫黄泉・弱アルカリ泉が揃い、そのほかにも「あたたまりの湯」塩化物泉、皮膚の回復に良い「傷の湯」硫酸塩泉など、ひとつの温泉地にさまざまな泉質がある温泉天国です。湯めぐり手形がお得(900円・1回無料、二湯目からは半額、飲食店・お土産店も割引)

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→奥塩原新湯温泉 (塩原温泉)の情報

 

元湯温泉 (塩原温泉)/塩原

温泉地名もとゆおんせん
所在地塩原 (栃木県那須郡塩原町湯本塩原)
泉質硫黄泉
温泉地の特徴温泉なら塩原!「美人湯」と言われる重曹泉(炭酸水素泉)・硫黄泉・弱アルカリ泉が揃い、そのほかにも「あたたまりの湯」塩化物泉、皮膚の回復に良い「傷の湯」硫酸塩泉など、ひとつの温泉地にさまざまな泉質がある温泉天国です。湯めぐり手形がお得(900円・1回無料、二湯目からは半額、飲食店・お土産店も割引)

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→元湯温泉 (塩原温泉)の情報

 

女夫淵温泉 (奥鬼怒)/湯西川・川俣

温泉地名めおとぶちおんせん
所在地湯西川・川俣 (栃木県塩谷郡栗山村川俣)
泉質硫黄泉
温泉地の特徴尾瀬エリアに近く一般車両が乗り入れできない。入口の女夫渕温泉から先は許可車両のみの通行となる。現在は2軒の宿が宿泊者の送迎をしている。点在する4軒の宿は個性的で泉質も異なる。鬼怒沼湿原を中心とする登山、トレッキングの基地として知られている。泉質重視の秘湯ファンが多く訪れる温泉地である。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→女夫淵温泉 (奥鬼怒)の情報

 

加仁湯温泉 (奥鬼怒)/湯西川・川俣

温泉地名かにゆおんせん
所在地湯西川・川俣 (栃木県塩谷郡栗山村川俣)
泉質硫黄泉
温泉地の特徴尾瀬エリアに近く一般車両が乗り入れできない。入口の女夫渕温泉から先は許可車両のみの通行となる。現在は2軒の宿が宿泊者の送迎をしている。点在する4軒の宿は個性的で泉質も異なる。鬼怒沼湿原を中心とする登山、トレッキングの基地として知られている。泉質重視の秘湯ファンが多く訪れる温泉地である。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→加仁湯温泉 (奥鬼怒)の情報

 

手白沢温泉 (奥鬼怒)/湯西川・川俣

温泉地名てしろさわおんせん
所在地湯西川・川俣 (栃木県塩谷郡栗山村川俣)
泉質硫黄泉
温泉地の特徴尾瀬エリアに近く一般車両が乗り入れできない。入口の女夫渕温泉から先は許可車両のみの通行となる。現在は2軒の宿が宿泊者の送迎をしている。点在する4軒の宿は個性的で泉質も異なる。鬼怒沼湿原を中心とする登山、トレッキングの基地として知られている。泉質重視の秘湯ファンが多く訪れる温泉地である。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→手白沢温泉 (奥鬼怒)の情報

 

日光湯元温泉/奥日光・中禅寺湖

温泉地名にっこうゆもとおんせん
所在地奥日光・中禅寺湖 (栃木県日光市湯元)
泉質硫黄泉
温泉地の特徴日光の最奥地、湯の湖岸の国民保養温泉地としての指定されている。自然が豊富で静かな温泉地として情緒的、湯の湖では、ヒメマスや岩魚釣りが楽しめ、スキー場やハイキングコース、アウトドアの施設もある。豊富な硫黄泉は美人の湯として人気。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→日光湯元温泉の情報

 

喜連川温泉/さくら

温泉地名きつれがわおんせん
所在地さくら (栃木県さくら市喜連川)
泉質硫黄泉
温泉地の特徴喜連川は古い城下町で江戸時代は奥州街道の宿場として栄えた歴史を持つ。硫黄、塩分、鉄分を含む弱アルカリ泉は薄い茶色に塩味の良泉。2001年にオープンした、全国初の「温泉付き」道の駅や、喜連川第1温泉浴場、喜連川第2温泉浴場では、立ち寄りでも、温泉を楽しむことができる。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→喜連川温泉の情報

 

那須温泉/那須・板室

温泉地名なすおんせん
所在地那須・板室 (栃木県那須郡那須町那須高原)
泉質硫黄泉
温泉地の特徴江戸の時代の「温泉番付」では「東の関脇」(横綱不在なので2番目の格付け)の称号を与えられていた由緒ある温泉地です。開湯は1370年余り昔。負傷した鹿がその湯で傷を癒したとの伝説の残る銘湯・鹿の湯はじめ那須温泉には大小さまざまな温泉が点在します。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→那須温泉の情報

 

那須高湯温泉混合泉/那須・板室

温泉地名なすたかゆおんせんこんごうせん
所在地那須・板室 (栃木県那須郡那須町大字湯本字那須岳大田原営林署事業区133ホ3林小通)
泉質硫黄泉
温泉地の特徴江戸の時代の「温泉番付」では「東の関脇」(横綱不在なので2番目の格付け)の称号を与えられていた由緒ある温泉地です。開湯は1370年余り昔。負傷した鹿がその湯で傷を癒したとの伝説の残る銘湯・鹿の湯はじめ那須温泉には大小さまざまな温泉が点在します。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→那須高湯温泉混合泉の情報

 

中禅寺温泉/奥日光・中禅寺湖

温泉地名ちゅうぜんじおんせん
所在地奥日光・中禅寺湖 (栃木県日光市中宮祠2484)
泉質硫黄泉
温泉地の特徴日光の最奥地、湯の湖岸の国民保養温泉地としての指定されている。自然が豊富で静かな温泉地として情緒的、湯の湖では、ヒメマスや岩魚釣りが楽しめ、スキー場やハイキングコース、アウトドアの施設もある。豊富な硫黄泉は美人の湯として人気。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→中禅寺温泉の情報

 

栗山温泉/湯西川・川俣

温泉地名くりやまおんせん
所在地湯西川・川俣 (栃木県日光市野門199)
泉質硫黄泉
温泉地の特徴平家落人ロマンが残り、村の76%が国立公園なのが栗山村です。栗山村の温泉は秘湯としても有名で秋には山は紅葉で染まり春は山の緑が鮮やかです。また小さな集落が点在する鬼怒川沿いは豊かな自然に恵まれアウトドア派にも好評です。最近は自然を楽しんでゆったり温泉につかって帰るという人たちが増えてきています。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→栗山温泉の情報

 

奥日光秘極の湯温泉/奥日光・中禅寺湖

温泉地名おくにっこうひごくのゆおんせん
所在地奥日光・中禅寺湖 (栃木県日光市中宮祠2485)
泉質硫黄泉
温泉地の特徴日光の最奥地、湯の湖岸の国民保養温泉地としての指定されている。自然が豊富で静かな温泉地として情緒的、湯の湖では、ヒメマスや岩魚釣りが楽しめ、スキー場やハイキングコース、アウトドアの施設もある。豊富な硫黄泉は美人の湯として人気。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→奥日光秘極の湯温泉の情報

 

那須高湯温泉/那須・板室

温泉地名なすたかゆおんせん
所在地那須・板室 (栃木県那須郡那須町高久乙802)
泉質硫黄泉
温泉地の特徴江戸の時代の「温泉番付」では「東の関脇」(横綱不在なので2番目の格付け)の称号を与えられていた由緒ある温泉地です。開湯は1370年余り昔。負傷した鹿がその湯で傷を癒したとの伝説の残る銘湯・鹿の湯はじめ那須温泉には大小さまざまな温泉が点在します。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→那須高湯温泉の情報

 

 

 


群馬県・茨城県の硫黄泉 温泉一覧

 

万座温泉/万座・嬬恋・北軽井沢

温泉地名まんざおんせん
所在地万座・嬬恋・北軽井沢 (群馬県吾妻郡嬬恋村干俣)
泉質硫黄泉
温泉地の特徴標高は1800Mもあり星に手が届きそう。万座温泉の源泉は湯畑より引き湯されておりほとんどの宿がその温泉をまたアレンジしているのが面白い。多くの効能があると言われる温泉は酸性硫黄泉で色は乳白色。どの季節に訪れても素晴らしい大パノラマを堪能できるので何度来ても新鮮な気分。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→万座温泉の情報

 

応徳温泉/草津・尻焼・花敷

温泉地名おうとくおんせん
所在地草津・尻焼・花敷 (群馬県吾妻郡六合村小雨)
泉質硫黄泉
温泉地の特徴村名の由来は、六合をクニと呼称するのは「天地四方を以て六合となす」の古事記の例から名付けられたと伝えられている。そんなこの地にある応徳温泉は、無色透明のやわらかな湯で、女性の肌に豊かな効果をもたらし、切り傷、やけどなどの治癒にも効果が期待できると言われている。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→応徳温泉の情報

 

川原湯温泉/四万・吾妻・川原湯

温泉地名かわらゆおんせん
所在地四万・吾妻・川原湯 (群馬県吾妻郡長野原町川原湯)
泉質硫黄泉
温泉地の特徴あと10年ほどでダムにしずむ運命の名温泉。冬のはだか祭りは日本3大奇祭に挙げられ、下を流れる吾妻川の両側の切り立った岩は、関東の耶馬溪と言われるほどの名勝。ムササビの餌付けに成功し、川原湯温泉のアイドルとなっている。ダムの完成前に一度は訪れてほしい温泉地。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→川原湯温泉の情報

 

 

磯原温泉/北茨城

温泉地名いそはらおんせん
所在地北茨城 (茨城県北茨城市磯原町磯原)
泉質硫黄泉
温泉地の特徴茨城県の県北、福島県との境目近くにある温泉。夏は海水浴場で賑わうエリア。太平洋の砂浜に突出した二ツ島の近くにある温泉。近くには詩人野口雨情の生家がある。漁港があり、夏は観光定置網船や海水浴も楽しめる。新鮮な魚介類をつかった料理も堪能できる。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→磯原温泉の情報

 

横川温泉/久慈・袋田

温泉地名よこかわおんせん
所在地久慈・袋田 (茨城県常陸太田市折橋町 1409)
泉質硫黄泉
温泉地の特徴常陸太田市に位置し、四季あざやかに渓谷にわく温泉として、連綿とした歴史を持ち「美人の湯」として知られ300年の歴史を今も伝えています。袋田の滝、竜神大吊り橋にも程近く、しだれ桜、つつじ、しゃくなげ、ふじ、紅葉など、一年中四季折々の移り変わりが楽しめます。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→横川温泉の情報

広告

このエントリーをはてなブックマークに追加

8



トップへ戻る