北関東(栃木県)の単純泉 温泉一覧

北関東(栃木県)の単純泉 温泉一覧

栃木県の単純温泉 温泉一覧1

那須高原温泉 (那須)/那須・板室

温泉地名なすこうげんおんせん
所在地那須・板室 (栃木県那須郡那須町那須高原)
泉質単純温泉
温泉地の特徴江戸の時代の「温泉番付」では「東の関脇」(横綱不在なので2番目の格付け)の称号を与えられていた由緒ある温泉地です。開湯は1370年余り昔。負傷した鹿がその湯で傷を癒したとの伝説の残る銘湯・鹿の湯はじめ那須温泉には大小さまざまな温泉が点在します。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→那須高原温泉 (那須)の情報

 

大丸温泉 (那須)/那須・板室

温泉地名おおまるおんせん
所在地那須・板室 (栃木県那須郡那須町湯本)
泉質単純温泉
温泉地の特徴江戸の時代の「温泉番付」では「東の関脇」(横綱不在なので2番目の格付け)の称号を与えられていた由緒ある温泉地です。開湯は1370年余り昔。負傷した鹿がその湯で傷を癒したとの伝説の残る銘湯・鹿の湯はじめ那須温泉には大小さまざまな温泉が点在します。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→大丸温泉 (那須)の情報

 

八幡温泉 (那須)/那須・板室

温泉地名やはたおんせん
所在地那須・板室 (栃木県那須郡那須町湯本)
泉質単純温泉
温泉地の特徴江戸の時代の「温泉番付」では「東の関脇」(横綱不在なので2番目の格付け)の称号を与えられていた由緒ある温泉地です。開湯は1370年余り昔。負傷した鹿がその湯で傷を癒したとの伝説の残る銘湯・鹿の湯はじめ那須温泉には大小さまざまな温泉が点在します。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→八幡温泉 (那須)の情報

 

新那須温泉 (那須)/那須・板室

温泉地名しんなすおんせん
所在地那須・板室 (栃木県那須郡那須町湯本)
泉質単純温泉
温泉地の特徴江戸の時代の「温泉番付」では「東の関脇」(横綱不在なので2番目の格付け)の称号を与えられていた由緒ある温泉地です。開湯は1370年余り昔。負傷した鹿がその湯で傷を癒したとの伝説の残る銘湯・鹿の湯はじめ那須温泉には大小さまざまな温泉が点在します。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→新那須温泉 (那須)の情報

 

板室温泉/那須・板室

温泉地名いたむろおんせん
所在地那須・板室 (栃木県黒磯市板室)
泉質単純温泉
温泉地の特徴下野薬湯と称される板室温泉は、数多い温泉地のなかでも特にすぐれた条件をそなえている所として、昭和46年に国民保養温泉地として指定されました。今でも湯治(とうじ)目的のお客様が多く、観光地化されていない素朴な風景が広がる貴重な温泉地です。源泉温度は摂氏38〜45℃の身体にやさしいぬる湯です。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→板室温泉の情報

 

大正村幸乃湯温泉/那須・板室

温泉地名たいしょうむらさちのゆおんせん
所在地那須・板室 (栃木県黒磯市百村)
泉質単純温泉
温泉地の特徴江戸の時代の「温泉番付」では「東の関脇」(横綱不在なので2番目の格付け)の称号を与えられていた由緒ある温泉地です。開湯は1370年余り昔。負傷した鹿がその湯で傷を癒したとの伝説の残る銘湯・鹿の湯はじめ那須温泉には大小さまざまな温泉が点在します。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→大正村幸乃湯温泉の情報

 

中塩原温泉 (塩原温泉)/塩原

温泉地名なかしおばらおんせん
所在地塩原 (栃木県那須郡塩原町中塩原)
泉質単純温泉
温泉地の特徴温泉なら塩原!「美人湯」と言われる重曹泉(炭酸水素泉)・硫黄泉・弱アルカリ泉が揃い、そのほかにも「あたたまりの湯」塩化物泉、皮膚の回復に良い「傷の湯」硫酸塩泉など、ひとつの温泉地にさまざまな泉質がある温泉天国です。湯めぐり手形がお得(900円・1回無料、二湯目からは半額、飲食店・お土産店も割引)

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→中塩原温泉 (塩原温泉)の情報

 

古町温泉 (塩原温泉)/塩原

温泉地名ふるまちおんせん
所在地塩原 (栃木県那須郡塩原町下塩原)
泉質単純温泉
温泉地の特徴温泉なら塩原!「美人湯」と言われる重曹泉(炭酸水素泉)・硫黄泉・弱アルカリ泉が揃い、そのほかにも「あたたまりの湯」塩化物泉、皮膚の回復に良い「傷の湯」硫酸塩泉など、ひとつの温泉地にさまざまな泉質がある温泉天国です。湯めぐり手形がお得(900円・1回無料、二湯目からは半額、飲食店・お土産店も割引)

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→古町温泉 (塩原温泉)の情報

 

湯西川温泉/湯西川・川俣

温泉地名ゆにしがわおんせん
所在地湯西川・川俣 (栃木県塩谷郡栗山村湯西川)
泉質単純温泉
温泉地の特徴壇ノ浦の戦に敗れた平家が隠れ住んだという、平家落人伝説の残る美しい温泉郷。渓流沿いに藁葺き屋根の家が並ぶ風情ある景観に心和む。アルカリ性単純泉の温泉の発祥は天正元年で400余年の歴史をもつ。地元で採れた岩魚・ヤマメ等の川魚や野鳥・鹿・熊・山椒魚やみそべら等をいろりでじっくり焼いて頂く落人料理が有名。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→湯西川温泉の情報

 

八丁の湯温泉 (奥鬼怒)/湯西川・川俣

温泉地名はっちょうのゆおんせん
所在地湯西川・川俣 (栃木県塩谷郡栗山村川俣)
泉質単純温泉
温泉地の特徴尾瀬エリアに近く一般車両が乗り入れできない。入口の女夫渕温泉から先は許可車両のみの通行となる。現在は2軒の宿が宿泊者の送迎をしている。点在する4軒の宿は個性的で泉質も異なる。鬼怒沼湿原を中心とする登山、トレッキングの基地として知られている。泉質重視の秘湯ファンが多く訪れる温泉地である。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→八丁の湯温泉 (奥鬼怒)の情報

 

川俣温泉/湯西川・川俣

温泉地名かわまたおんせん
所在地湯西川・川俣 (栃木県塩谷郡栗山村川俣)
泉質単純温泉
温泉地の特徴平家の落人伝説が残る秘湯エリア。それにまつわる史跡も点在する。渓谷や滝など景勝地も多く、四季折々の美しさを楽しませてくれる。鬼怒川の源流を眼下に見据える噴泉橋からは、約50分の間隔で、白い湯煙とともに、豪快に湯柱が吹き上がる間欠泉を楽しむことができる。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→川俣温泉の情報

 

日光温泉/日光・霧降高原

温泉地名にっこうおんせん
所在地日光・霧降高原 (栃木県日光市安川町・鉢石町)
泉質単純温泉
温泉地の特徴歴史と文化の街、日光の市内にある温泉。硫黄が苦手な人にも親しみ易い無色透明の湯は、肩こりや神経痛、美肌にも効果あり。東照宮や世界遺産巡りの後にゆっくり温泉を愉しもう。市内の宿で立ち寄り温泉もOK。(要問い合わせ)

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→日光温泉の情報

 

かご岩温泉/鬼怒川・川治

温泉地名かごいわおんせん
所在地鬼怒川・川治 (栃木県塩谷郡藤原町高徳)
泉質単純温泉
温泉地の特徴日光国立公園内にある「前鬼怒川 かご岩温泉」。

名前の由来となった景勝地「籠岩」は栃木の自然100選に選ばれており、一見の価値があります。
奇岩の隙間に根を張ったど根性松!?などもあり、雄大な日光連山を背景に自然の驚異を感じることが出来ます。
冬は越冬にくる白鳥に間近で出会えるかもしれません。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→かご岩温泉の情報


栃木県の単純温泉 温泉一覧2

鬼怒川温泉/鬼怒川・川治

温泉地名きぬがわおんせん
所在地鬼怒川・川治 (栃木県塩谷郡藤原町滝・藤原)
泉質単純温泉
温泉地の特徴雄大な鬼怒川渓谷沿いに旅館・ホテルが立ち並ぶ関東有数の大型温泉地。江戸時代の発見当時は日光詣の僧侶や大名のみ利用できたが、明治以降一般開放された。体に優しいアルカリ性単純温泉は神経痛・疲労回復等に効能あり。周辺は日光江戸村や東武ワールドスクウェア等テーマパークも多く、春の新緑、秋の紅葉が美しい。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→鬼怒川温泉の情報

 

川治温泉/鬼怒川・川治

温泉地名かわじおんせん
所在地鬼怒川・川治 (栃木県塩谷郡藤原町川治)
泉質単純温泉
温泉地の特徴男鹿川と鬼怒川が合流する峡谷にひらけた、静かな温泉郷。温泉は享保3年の発見といわれ、旅人や湯治の場として古くから親しまれた。泉質はアルカリ単純泉で神経痛やリウマチに効能あり。薬師橋を渡った対岸には共同浴場(混浴露天と女性露天)があり風情を感じる。足をのばせば五十里ダムや川治ダム。紅葉・新緑も美しい。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→川治温泉の情報

 

広瀬温泉/馬頭・南那須

温泉地名ひろせおんせん
所在地馬頭・南那須 (栃木県那須郡馬頭町)
泉質単純温泉
温泉地の特徴肌が滑らかになることから「美人の湯」と呼ばれる馬頭温泉郷は、那珂川の清流を眼下に、大・小の温泉宿が点在しており、身も心も美しくなると人気を博しています。白煙をなびかせる那須岳と、それに連なる山々をはじめ、高原山、日光連山などを一望できる景勝地に位置しています。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→広瀬温泉の情報

 

益子温泉/益子・茂木

温泉地名ましこおんせん
所在地益子・茂木 (栃木県芳賀郡益子町小宅)
泉質単純温泉
温泉地の特徴益子焼で有名な陶芸の里、益子に誕生した新しい温泉。無色透明の単純泉で腰痛に良いとされている。冬から春にかけてはイチゴ狩りでも有名なエリアで、「とちおとめ」のイチゴ狩り体験もできる。またSLが走る真岡市や、国際レースも開催されて、大人から子供まで楽しめる「ツインリンクもてぎ」のある茂木町も近い。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→益子温泉の情報

 

那須温泉/那須・板室

温泉地名なすおんせん
所在地那須・板室 (栃木県那須郡那須町那須高原)
泉質単純温泉
温泉地の特徴江戸の時代の「温泉番付」では「東の関脇」(横綱不在なので2番目の格付け)の称号を与えられていた由緒ある温泉地です。開湯は1370年余り昔。負傷した鹿がその湯で傷を癒したとの伝説の残る銘湯・鹿の湯はじめ那須温泉には大小さまざまな温泉が点在します。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→那須温泉の情報

 

馬頭温泉/馬頭・南那須

温泉地名ばとうおんせん
所在地馬頭・南那須 (栃木県那須郡馬頭町大字小口1572)
泉質単純温泉
温泉地の特徴肌が滑らかになることから「美人の湯」と呼ばれる馬頭温泉郷は、那珂川の清流を眼下に、大・小の温泉宿が点在しており、身も心も美しくなると人気を博しています。白煙をなびかせる那須岳と、それに連なる山々をはじめ、高原山、日光連山などを一望できる景勝地に位置しています。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→馬頭温泉の情報

 

井王野温泉/那須・板室

温泉地名いおうのおんせん
所在地那須・板室 (那須郡那須町大字伊王野2710)
泉質単純温泉
温泉地の特徴江戸の時代の「温泉番付」では「東の関脇」(横綱不在なので2番目の格付け)の称号を与えられていた由緒ある温泉地です。開湯は1370年余り昔。負傷した鹿がその湯で傷を癒したとの伝説の残る銘湯・鹿の湯はじめ那須温泉には大小さまざまな温泉が点在します。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→井王野温泉の情報

 

エピナール那須温泉/那須・板室

温泉地名えぴなーるなすおんせん
所在地那須・板室 (栃木県那須郡那須町高久丙1)
泉質単純温泉
温泉地の特徴江戸の時代の「温泉番付」では「東の関脇」(横綱不在なので2番目の格付け)の称号を与えられていた由緒ある温泉地です。開湯は1370年余り昔。負傷した鹿がその湯で傷を癒したとの伝説の残る銘湯・鹿の湯はじめ那須温泉には大小さまざまな温泉が点在します。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→エピナール那須温泉の情報

 

与一の湯/塩原

温泉地名よいちのゆ
所在地塩原 (栃木県那須塩原市西原町189-1)
泉質単純温泉
温泉地の特徴オーナー自慢の温泉は、源泉100%掛け流しだけがもつ自然の恩恵。那須パレスホテル敷地内に毎分300L 摂氏47度の天然温泉(与一の湯)。温泉ならではの旅の疲れを心地よく癒してくれます。神経痛、慢性消化器健康増進によく効きます。女性の方にも、お肌で実感して頂きたい自慢の天然温泉です。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→与一の湯の情報

 

那須グリーン温泉/那須・板室

温泉地名なすぐりーんおんせん
所在地那須・板室 (栃木県那須郡那須町大字寄居字大田2525)
泉質単純温泉
温泉地の特徴江戸の時代の「温泉番付」では「東の関脇」(横綱不在なので2番目の格付け)の称号を与えられていた由緒ある温泉地です。開湯は1370年余り昔。負傷した鹿がその湯で傷を癒したとの伝説の残る銘湯・鹿の湯はじめ那須温泉には大小さまざまな温泉が点在します。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→那須グリーン温泉の情報

 

秘極の湯 葵/塩原

温泉地名ひごくのゆ あおい
所在地塩原 (栃木県那須塩原市塩原778-1)
泉質単純温泉
温泉地の特徴温泉なら塩原!「美人湯」と言われる重曹泉(炭酸水素泉)・硫黄泉・弱アルカリ泉が揃い、そのほかにも「あたたまりの湯」塩化物泉、皮膚の回復に良い「傷の湯」硫酸塩泉など、ひとつの温泉地にさまざまな泉質がある温泉天国です。湯めぐり手形がお得(900円・1回無料、二湯目からは半額、飲食店・お土産店も割引)

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→秘極の湯 葵の情報

 

桝田屋源泉/塩原

温泉地名ますだやげんせん
所在地塩原 (栃木県那須塩原市塩原729)
泉質単純温泉
温泉地の特徴温泉なら塩原!「美人湯」と言われる重曹泉(炭酸水素泉)・硫黄泉・弱アルカリ泉が揃い、そのほかにも「あたたまりの湯」塩化物泉、皮膚の回復に良い「傷の湯」硫酸塩泉など、ひとつの温泉地にさまざまな泉質がある温泉天国です。湯めぐり手形がお得(900円・1回無料、二湯目からは半額、飲食店・お土産店も割引)

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→桝田屋源泉の情報

 

鬼怒川秘極の湯 風/今市

温泉地名きぬがわひごくのゆ かぜ
所在地今市 (栃木県日光市今市本町1)
泉質単純温泉
温泉地の特徴雄大な鬼怒川渓谷沿いに旅館・ホテルが立ち並ぶ関東有数の大型温泉地。江戸時代の発見当時は日光詣の僧侶や大名のみ利用できたが、明治以降一般開放された。体に優しいアルカリ性単純温泉は神経痛・疲労回復等に効能あり。周辺は日光江戸村や東武ワールドスクウェア等テーマパークも多く、春の新緑、秋の紅葉が美しい。

★詳しい情報・宿泊情報・予約(じゃらん)など→鬼怒川秘極の湯 風の情報

広告

このエントリーをはてなブックマークに追加

8



トップへ戻る