旅行に行こう!温泉に行こう!老後の楽しみ

旅行に行こう!温泉に行こう!老後の楽しみ

歳をとるとどうなる? 老後の実感

あと少しで定年、あと少しで老後

 

50歳が近付いてくると、急に心配になる。

 

老後に備えなきゃ、と思っていろいろ考えたりもするが、よく分からない。

 

歳をとるのは初めての経験だから、一体何をすれば良いのか、よく分からない。

 

実感が湧いてくるのは、身体の具合が悪くなり始めてからだろう。

 

私の場合はまず老眼から始まった。

 

ある日突然小さな文字が読めなくなっている。

 

薬瓶に書かれた説明文が、小さくて全然読めない。

 

薬瓶を自分の身体から遠くに離して、何とか読もうとするが、読めない。

 

さらに小さな文字を無理に読もうとすると、肩こりが酷くなってくる。

 

仕方が無く老眼鏡を買う羽目になって、そこで年齢を実感する。

 

老眼に慣れると、老眼鏡を頻繁に使い、無理に小さな文字を読まなくなるせいか、肩こりは多少和らいだが。、

 

また、ある日突然、肩に激痛が走って四十肩・五十肩がでる。

 

ちょっと後ろのモノを取ろうと思って、背面キャッチのような形で手を伸ばしたら、突然の激痛で「ギャア!」と大声を上げてしまう。

 

普段大きな声なんか出したこともないのに、激痛でたまらず大声がでる。

 

夜寝るときも、肩がジンジンと疼いて、朝起きたら肩がすでに傷んでいる。

 

変な話、朝起きるたびに五十肩を実感する日々が、約1年くらい続いた。

 

現在は、身体の動かし方が変わったのか、ほとんどもう意識することもなくなっているのだが、五十肩だった時期は、本当に辛かった。

 

こういうことがあると、ホントにもう老後のことを考えざるを得ない。


歳をとると病気にかかりやすくなる

歳を感じることは、他にも色々ある。

 

たとえば病気にかかりやすくなり、若いころには全く経験の無い病気にかかる。

 

私の場合は、皮膚病だ。

 

若いころには、自分の皮膚が弱いなんて考えもしなかった。

 

アトピー性皮膚炎に苦しんでいる友達はいたが、どういうものなのか、自分には全くよく分からない病気だった。

 

ところが五十代半ばから突然、身体が痒くなり始めて、掻痒症(そうようしょう)慢性痒疹(ようしん)になってしまった。

 

身体が猛烈に痒くなり、掻きむしらないと気が収まらない。

 

そして掻きむしった後はカサブタが出来て、それがドンドン増えていった。

 

歳をとると肌が弱くなって、皮膚病にかかりやすくなるということらしいが、対処が悪くて体中が慢性痒疹だらけになってしまった。

 

皮膚病は、皮膚に住んでいる細菌(常在菌)や真菌(カビ)が大きく関係するのだが、知らないもんだから、何も考えずにボリボリと掻きむしっていた。

 

というのも今まで、それで酷いことになった経験が無かったからだ。

 

その結果、半年後には、指先の届く範囲に百個以上のカサブタや、カサブタが治った跡が残り、酷い状況になったりもした。

 

雑菌が繁殖しているところを爪でボリボリ引っ掻いて、そこの雑菌を他の場所に植え付けてる様なもんだったし。

 

老後の知識が無いと、どうしてもこういうことをやってしまう。


このエントリーをはてなブックマークに追加